ニコチン入りのVAPEの利用

禁煙をするためにVAPEを利用することがあります。電子タバコといわれることもあり、形はタバコに似ています。しかしニコチンは入っていませんし、タバコを吸った時の気分がすっきりする状態にならないこともあります。本格的に禁煙をするには最終的にはニコチンが入っていてはいけませんが、いきなりニコチンが入っていないものだとニコチンに対する欠乏症がでてタバコに戻りそうです。ニコチン入りは日本で公に売られることはありません。ですからお店やネットショップなどでも購入することはできません。ニコチンそのものが薬事法である程度規制されているためです。海外からであれば個人輸入することはできます。しかし自由にいくらでもできるわけではなく、適度に規制されています。海外のサイトでは全てが英語です。翻訳をしながら内容を理解して利用するようにします。

VAPEは複数種類利用してみる

タバコを吸う人は銘柄を常に固定する人、特に決めていない人など様々です。少しでも健康にいいものとタールが少なめのものを選ぶ人もいるようです。しっかりと吸いたいと適度に入っているものを選ぶこともあります。日本で作られているものから、海外製のものなどもあるので選択肢は広くなっています。日本では一つのメーカーでしか作られていませんが、海外なら複数の会社があります。VAPEは幾つかの会社が製造をしています。日本にメーカーがあるかどうかとなると、本体は日本では作られていないようです。全て海外から輸入される形です。リキッドについては日本で作られていて日本で購入できるようになっています。日本製はニコチンは入っていません。同じ様な味でも会社によって多少風味が異なります。それを上手く利用するようにしてみます。複数社で比較をします。

VAPEはコストも意識して選ぶ

タバコを吸う時のコストはまずはタバコそのものの値段です。一箱400円少しするものが主流になるでしょう。その他ライターが必要です。百円ライターといわれるものならまさに百円で買え、一度購入すればそれなりに使えます。その他携帯用の灰皿などは個人によって用意するかどうかがあります。コストのかかり方では大半がタバコそのものになります。1日一箱で1箇月1万を越えます。VAPEの利点の一つとしてタバコよりも安く利用出来る面が挙げられます。本体などは1万円以上することがあり最初にかかるコストはそれなりにします。しかしリキッドなどは安く購入できます。一度に吸う量がそれ程多いわけではないので、一つ買っておけばしばらく使うことができます。数箇月も利用していればすぐに元が取れてしまいます。ただし永久に使うことができるわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*