VAPEなら賃貸でも問題なく利用

賃貸物件でタバコを吸うときには適度に気をつける必要があります。タバコを一本室内で吸ったところで特に変化はありません。しかしそれを続けていくと部屋の中にいろいろ変化が出てきます。でも徐々になのでその変化に気づくことはありません。どのような変化かといえば天井などが黒ずんできます。これはタバコの煙に含まれるヤニが少しずつつくためです。退去時にこれをきれいにしなければいけません。タバコの煙にそのようなものが入っているので気にする必要がありますが、VAPEの場合はそういった煙は入っていません。煙に見えますが実際は水蒸気です。これが天井に上がったとしても天井に色が付くことはないでしょう。退去時にも原状回復のことを気にすることがありません。タバコのにおいも消さないといけない場合がありますが、VAPEの場合はにおいもつかないので消臭も不要です。

VAPEで禁煙ならよりタバコに近いもの

禁煙をしたい人が利用するとよいとして知られるのがVAPEです。では本当に禁煙ができるかといえば必ずしもそうではありません。実際に利用してみるとタバコと大きく異なることに違和感を感じるようです。そのためにすぐにタバコに戻ってしまう場合があります。確かに手の持ち方などはタバコに似ています。しかし味は異なりますし、見た目も異なります。タバコの方が良いとなってしまいます。禁煙に使えるかどうかは人によって一定の差があるようです。方法の一つとして、できるだけ本物のタバコに近いものを選びます。まず見た目からタバコのようなタイプがあります。そしてタバコの味に似せたリキッドを利用します。見た目と味についてタバコに似せられるようになりました。これだけでだいぶんタバコの雰囲気を出すことができます。ニコチン不足が克服できれば禁煙も近くなります。

タバコからVAPEへは徐々に行なう

新しい仕組みにしていくとき、いきなりしようとしてもなかなかできない場合があります。新しい仕組みに問題があると前に進みにくくなります。このような時は前の仕組みも残しておき、部分的に平行に行うようにしておくと困りません。場合によっては新しい仕組みを取りやめて完全に戻ることもあります。新しい方に慣れてくれば完全移行をすることもできます。そうすることで問題も減らせます。タバコを吸っている人が禁煙をしようとVAPEを始めることがあります。禁煙できない人の中にはいきなり完全に切り替える人がいるようです。そうするとあまりの違いから結局タバコに戻ってしまうことがあります。これを避ける方法として最初は併用するようにします。そして少しずつタバコを減らすようにします。自分の意思で自然に減らしていけるので、苦痛もなくタバコを減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*