VAPEは自宅で家族に嫌がられない

タバコが吸える場所としては自宅と喫煙所ぐらいしかないかもしれません。その自宅でも家族がいると中々吸う事ができません。タバコを吸わない人にとって、タバコ程いやなモノはないでしょう。さらに子どものことを考えるといくらタバコが好きな人でも控えないといけないと考えます。自宅でも吸えないので吸うところを求めて行くことになります。道端などでもあまりいい顔はされません。それがVAPEに変えてからは少し様子が変わります。まず自宅で吸えるようになります。公共の場などになると必ずしも吸えない場合があります。イコールタバコの印象が強いため規制をしているからです。自宅ではある程度理解を得ることでタバコのような問題がないことを知ってもらって吸う事ができます。子どもに対しても影響はなさそうですから、そのうちこちらのみの利用に変わりそうです。

VAPEとニコチンの関係を知る

タバコをやめられない人をタバコ中毒とは言いません。通常はニコチン中毒と呼びます。タバコの中に含まれるニコチンが脳に一定の影響を与え、タバコを吸わないでいるとニコチン不足から不安定な状態になります。それを防ぐためにタバコを吸います。ニコチン中毒になると常にタバコを欲する状態になり体にとってはよくない状態とされます。自然の食品では主にタバコから摂取ができます。タバコをやめるにはニコチンとの決別をしなくてはいけません。VAPEは日本製のものにはニコチンが入っておらず、移行がスムーズに行けばニコチンから脱却できます。しかしニコチン不足から来る不安定を改善できるかは人によって異なります。ニコチンは薬ではありませんが、薬のように厳しく規制されています。個人輸入ではニコチン入りのリキッドを買えるのでそれで補う場合があります。

ニコチンの原液を入手してVAPEを使う

タバコに含まれているものとして知られているのがニコチンです。その他ニコチンガムなどが医師の処方などで入手できる場合があります。タバコは20歳以上なら誰でも買えますが、ニコチンガムは医師の処方がないと買えない一定の制限のある製品です。これはニコチン自体が決して体に良いものではないからです。もっと言えば毒の部類に入るとされます。一定量の摂取ならすぐにどうこうなることはありません。そのことから日本でニコチンが入ったものを購入できるのはタバコからのみです。VAPEと呼ばれる商品が人気がありタバコの代わりになるとされますが日本ではニコチン入りは買えません。海外からニコチンの原液を購入し、それをリキッドに混ぜて利用する方法があります。注意としてはニコチンの量をきちんと測ることです。濃度としては1パーセント程度になるように混ぜて使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*